太陽光発電になんかしなきゃ良かったって思う時

昨今、太陽光発電は、一般家庭にも広く普及するようになってきました。一昔前までは、大型のソーラーパネルは、目が飛び出てしまいそうなほど高価な商品であり、どちらかというと民間の大企業の工場や、国や自治体の公共施設などに利用されていました。しかし、最近は二酸化炭素によるオゾン層の破壊といった環境問題の視点や、東日本大震災での反省から、太陽光発電についても見直され、徐々に一般家庭にも普及されるようになったのです。



しかし、実際太陽光発電にした人たちの中からは、「太陽光発電になんかしなきゃ良かった!」という言葉を聞くことがあります。近年は、太陽光発電業界の競争激化に伴い、販売価格はどんどん下がってきているのですが、やはり多くの人にとっては決して安くはない買い物です。一般的に、太陽光発電の設置費用は、だいたい150万円~300万円程度が相場価格となっており、気軽に導入できる金額ではありません。いざ支払いの段になって、後悔するという人も多いようです。

サイバーパネル募集窓口||日本の市場調査をリードする、日本リサーチセンター(NRC)

また、太陽光発電システムを導入することによって、一時的に国などの公的機関から、補助金が出ました。これは導入を考えている人たちにとっては、非常に大きなポイントとなり、サポート役になるものですが、徐々に補助金制度が終了しつつあります。

Coca-Cola(コカ・コーラ)| ハッピーパネル

それならば、太陽光発電システムで、発電した電気を売ろうと考える人も多いでしょうが、近頃は売電価格が下落気味で、せっかくの発電を経済的に有利に利用することが難しくなりつつあるようです。これらの太陽光発電を取り巻く環境に気付いたとき、「大枚はたいて太陽光発電になどしなければよかった」と後悔してしまうようです。