就職活動を始めて早3年。未だにコンビニでバイト中

就職活動が終わりません。そんな夏休みの宿題みたいなことがあるのかと思われるかもしれませんし、実際就職活動は大学時代に終わらせているものだと言われることでしょう。しかし、私の場合その大学在学中に就職することができなかったんです。新卒の特権を保持する為に大学院に進学するなんてことは経済的にも難しかったですから、結局そのまま卒業していわゆる就職浪人というものになってしまいました。大学3年の春から就職活動を始めましたので、私の就活歴は早3年になろうとしています。

国立県営 神奈川障害者職業能力開発校 - 神奈川県ホームページ

いま何をしているのかと言えば、フリーターとしてコンビニでバイトしています。コンビニバイトを行いながらも、週に何度かは不定期で休みをもらってから就職活動を行っています。お金の蓄えがあったり、親からの支援がもっとあればバイトなんかせずに就職活動一本で頑張りたいのですけどそうそううまい話もありませんので、自分の生活費は自分で稼いでの活動となっています。

Q6.採用内定の法的な効果はどのようなものですか。【7.人事管理・人材育成】:労働問題Q&A(改訂版)/JILPT

自分としてもさすがに就職活動を3年間も続けているのは情けないですけど、学校を卒業してしまった時点で新卒というプレミアが剥奪されてしまい更に困難な状況になってしまいましたので、仕方がないことなのです。採用試験も中途採用枠で受けなければならず、コンビニバイトしか何のキャリアも無い自分への企業の対応も少々冷やかに感じられます。



早くこの負のスパイラルを逸脱して、正規雇用という立場を獲得したいと考えていますが、いまの調子だとまだまだそこへ至る道のりは長いように感じます。好きでコンビニバイトしているわけではないし、家族や親戚からの目もありますので、とにかく今はガムシャラに頑張りたいです。