太陽光発電のパネルの取り付けのせいで雨漏りがすごい

一般的な民家の場合、太陽光発電をおこなうためには、屋上にソーラーパネルと呼ばれる機器を設置する必要があります。ソーラーパネルは太陽電池モジュールというのが正式名称で、これはパワーコンディショナーとともに、太陽電池発電のために必要な必須の道具となります。そんなわけで、ソーラーパワーを利用している家庭には、必ず、太陽電池モジュールとパワーコンディショナーの二点が接続ユニットとともに配備されています。

Windows 用 iCloud コントロールパネル 3.1

さて、本当に困ってしまうのが、太陽電池モジュール、つまり屋根に設置されているソーラーパネルのトラブルです。日本の気候は、良い言い方をすれば、非常に変化に富んでいるといえます。四季折々の季節を楽しむことができ、大変風情があるともいえるのですが、天気の移り変わりはとても過酷であるというべきでしょう。

(株)丸浩工業 |製品ガイド:荒壁パネル |

夏の高温多湿、何度もやってくる台風や暴風雨、季節の変わり目には突風も吹きますし、冬になれば激しい積雪にさらされる地域もあります。当然、屋根に取り付けた太陽光パネルもこのような大変過酷な状態に、一年365日を通してさらされることになり、劣化が激しいと言われています。

太陽光発電 宮城はココ

屋根の作りが複雑であったり、経年劣化で状態が悪化すると、まさしく雨漏りに見舞われることにもなりかねません。台風の時季に雨漏りなどになってしまったら、これこそ一大事です。日本の住宅は湿気を嫌いますので、一気に家そのものが劣化してしまうケースさえあります。そのようなことにならないよう、ソーラーパネルの設置時には、信頼できる業者を選択し、必ずアフターケアについて、文書にて取り決めをおこなうことをおすすめします。