ジェネリック医薬品について

しんどい、だるい、痛いという症状が出てくると、病院に行ったり、行かないにしても市販の薬を飲んで症状を和らげると言う事をすると思います。しかし、薬局やドラッグストアーに薬を買いに行くと、なぜこんなに高いのだろうと感じたことはありませんか。小さな小箱一つなのに、1000円以上するものが殆どですし、その中身もこれだけと言うぐらいの量しか入っていないものもざらにあります。

大阪府/医薬品の販売制度改正の概要

かといって、調子の悪い時に薬も飲まずに乗り切ると言うのは大変ですから、飲んでしまいますが、痛い出費になってしまいます。しかし、最近そういった薬の特許が切れてくるものが多くなって、安い薬が出てきているのをご存知でしょうか。ジェネッリク医薬品と呼ばれるものです。

OTCからのお知らせ | オデッセイ テスティング センター

元々は開発した会社が利益を回収できるように、それぞれの薬に独占的に販売できる期間があったわけですが、その期間が切れてきたことで、開発した会社以外でも同様の効能を得られる薬を作って、販売する事が可能になりました。このことにより、今まで売価がコントロールできていたものが、各社で作れると言う事で、より安く販売していこうという動きが出てきています。



また、この流れを受けて病院でも、効能が同じなら少しでも安い薬を選択できるように、ジェネッリクを選択可能になっているところも出てきています。こういったジェネリックは海外ではかなり普及が進んでいますが、なぜか日本ではあまり普及が進んでいません。理由はいろいろとあると思いますが、選択が可能になってから日が浅いと言う事で、本当に安全なのかという不安感や不信感が消費する側にあることや、やはりあまり効いた事の無いメーカーの薬や、知名度の無い商品名を見ても、偽物という思いがぬぐえず、少々高くても耳馴染みのある薬を選んでしまうと言うことが多分にあると思います。将来ジェネリック医薬品が一般的になり、抵抗感がなくなってくれば、日本でも安い薬を積極的に購入しようと言う流れになってくるのでないだというかと思います。