刺青が世間体悪いのは日本だけ?

刺青と聞いてイメージするのはどんなことがありますか。怖い人が入れているものだとか、オシャレな人が入れているものとか、色々とそのイメージが浮かんでくるかもしれません。

和歌山県立医科大学皮膚科

しかし、どれだけフランクなものになっても刺青は日本において銭湯など肌を見せる公共施設への入場を禁止されるなどそれほど良いイメージを持たれないものです。背中に大きな刺青のある人がいたりしたらそれこそビックリしちゃいますし、ワンポイントのタトゥーなどの刺青であってもそれを見た時にその人のことを怖いと思ってしまうことも多いでしょう。このようにあまり日本では良いイメージとして扱われない刺青ですが、こと諸外国に目を向けてみれば刺青が世間体悪いのは日本だけの問題なのでしょうか?

格闘家(女)│キャラクター│アラド戦記 - 公式サイト

実際スポーツ選手などの外国人はかなり刺青をしている人が多いです。あのイタリアの有名サッカープレーヤーも、アメリカのメジャーリーガーも、多からず少なからず刺青をしているのをよく見かけます。しかし、ワンポイントタトゥーなんかであれば外国ではフランクに扱われるのかもしれませんが、さすがに大々的な刺青であればそれほど世間体が良いものだとは言えません。アメリカなどでも子供に刺青を禁止する家庭なども比較的多いようです。

刺青除去 仙台

しかし、それでも日本と比べれば刺青の市民権は諸外国の方が高いと思います。それは日本が和を大切にする文化である反面、外国は個性を大切にする文化なので、刺青を1つの個性の表現方法として受け入れてくれる風土があるからです。刺青として嬉しげに日本の漢字を彫っている外国人もその典型的な例です。ですので、刺青は諸外国では日本ほど世間体は悪くないものになるでしょう。